データを安全に管理しよう【ISO27001でセキュリティ強化】

IT

安心して利用する

女の人

USBはデータを移動する際にともて役に立つアイテムです。そのため、多くの人が利用しています。ですが、データを簡単に持ち運びすることができるためセキュリティを重視する必要があります。

詳細を読む

充実している

システム

近年、社員証も更にレベルを上げてきており、少しではありますが機能性も追加されています。また、安い値段で作成が出来るので変動は見られないものの現時点では価格の問題に直面することもないでしょう。

詳細を読む

社員証の発行

女性

社員証は、多くの企業で取り入れているものです。セキュリティー面で安心出来る他にも、顔や名前が載っているため名前を忘れても見て思い出すことが出来る他にも名前を覚えることも出来るでしょう。

詳細を読む

セキュリティ方法

PC

セキュリティの取り組みについて

今の時代ではセキュリティを強化しないと損害があることがほとんどだと思います。USBも同じでUSBにセキュリティを組み込まないと大変なことになるかもしれません。例えば、USBにセキュリティが何も入っていないというものであるとUSBを盗まれた時に勝手に中身を見られてしまって情報が漏れてしまったということが起こるかもしれないからです。それを未然に防ぐために今、USBを作っている会社ではセキュリティの高い物を作ろうとしています。一つはパスワードでロックをかけてしまうことです。これをすることによってUSBを接続した際にパスワードを聞かれるのでそれを入力しないと中身を見れないことです。それよりもっと高度なセキュリティですとデータそのものにパスワードをかけてしまうことです。こうすることによってデータはパスワードロックされているので見ることが出来ません。

USBを使用するうえでの注意

USBは便利でよいですが、一方でセキュリティが弱いのでその対策を練る必要があります。例えば、セキュリティにも色々ありますが、まずはパスワードロックですUSBとデータそのものにパスワードをかけてしまうことで、情報漏えいを防ぐことが出来ます。その次に暗号化によるデータの流失を防ぎますこれはデータを盗もうとしている人が居た場合データそのものをセキュリティをかけてしまいデータ流失を防ぐやり方です。この方法のいずれも今の時代においては当たり前の技術だと思っています。盗むという人が居る限りセキュリティを強化する以外に防ぐ方法はないのではないでしょうか。それを行うことによって少なくとも盗まれる心配はなくなると思います。

社員の意識を高める

情報媒体を扱う際には、情報流出のリスクを考慮しなければなりません。USBにパスワード設定をすれば、外部の人間が中身を閲覧しにくいですが、パソコンの扱いに長けたハッカーだと容易にパスワードを解除してしまいます。強固に情報媒体を扱うためには、社員全員の意識を高めるのが重要です。情報セキュリティ関連の国際規格であるISO27001の取得を目指せば、社員全員で情報媒体の正しい扱い方を改めて認識させられます。それに、ISO27001取得成功をすれば、セキュリティ性の高い企業として見られるので、高い信頼性が得られます。